管理栄養士への道

卒業と同時に、「栄養士」資格を取得。さらなるステップアップを目指すべく、卒業後もサポートを続けます。

未来の管理栄養士を育む学びの環境とサポート。時代が求める「食」のプロフェッショナルへ。

実務経験3年で管理栄養士受験資格取得。
卒業生に対して管理栄養士対策講座を開講しています。

人々を、「食」で良い方向に導く力のある栄養士に

栄養士法ができて60有余年。
現在、健康増進法・食育基本法・介護保険法などが栄養士活動の根拠となり、社会の栄養士に対する期待度も高まっています。
食事の基本、主食・主菜・副菜の組み合わせが栄養の理論にかなっていることが明確になり、
また、食の伝統・食文化が今の食卓を作り上げていること、さらに身体の科学や健康回復への医学にも食が大きく関与していることを証明してきました。
人々を食で良い方向へ導くために、未来のあなたはどんなことを学び、どんな仕事をするのでしょうか。
今も多くの栄養士・管理栄養士がそれぞれの目的を求め、前進を楽しんでいます。

管理栄養士へのステップアップ・プロセス

栄養士

厚生労働大臣が指定する栄養士養成施設である大学・短大・専門学校を卒業すると資格が取得できます。
日本で栄養士法が制定され、現在の栄養士養成の基本的なシステムが確立して約60年。
毎年2万人の栄養士が誕生し、さまざまな方面でその能力を発揮しています。

管理栄養士

栄養士の指導的立場に立つことができる知識と経験を認められた国家資格です。
食傾向や統計を分析するのはもちろん、栄養指導員として栄養改善活動を進めたり、栄養に関する事業を企画するなど、実力を多彩に発揮できます。
本校卒業生の場合、実務経験を3年以上で国家試験の受験資格が得られます。

管理栄養士 資格取得へのサポート

管理栄養士国家試験 受験対策講座

2008年度より卒業生を対象にした受験対策向けの講座を開講してます。将来の国家試験対策も踏まえ、
管理栄養士受験生が最も苦手としている科目を中心に実際に本試験過去問題を解きながら、更に理解を深めていきます。
栄養士としての資質の向上、更には、管理栄養士の資格取得を目指します。
➡ 詳細は同窓会ブログをご覧ください。

TOPへ戻る