日本最高峰を競う若手技術者たちの
競技大会である第54回技能五輪全国大会で
本校学生が見事日本一を獲得しました。
上位1~3位を独占。
本校のレベルの高さを実証しました。
洋菓子科
2年
原田 ちはる さん
出身校:愛知県立大府高等学校
技能五輪全国大会とは…
満23歳以下の若手技能者が全国から集まり、日本一をめざして技を競う大会。世界大会へ派遣する選手選考会を兼ねた権威あるコンテストです。7時間の競技時間内で3つの課題に挑み、総合点を競います。
そして技能五輪UAE世界大会へ
日本代表として、世界大会へ出場します。4日間かけて6種類の課題を作り上げ、味覚や食感などはもちろん、色や形による視覚的な美しさ、芸術的な感性、造形力を競い合う国際大会です。
洋菓子科2年
香川 実穂 さん
出身校:岐阜県立東濃実業高等学校
洋菓子科2年
川島 ゆうこ さん
出身校:栄徳高等学校
2016年 第54回大会 金賞、銀賞(2名)
2015年 第53回大会 金賞、銀賞、銅賞
2014年 第52回大会 金賞、銀賞(2名)、銅賞
2013年 第51回大会 銀賞、銅賞
2012年 第50回大会 金賞、敢闘賞
2011年 第49回大会 銀賞、敢闘賞
2010年 第48回大会 銅賞、敢闘賞
2009年 第47回大会 銀賞、銅賞
2008年 第46回大会 金賞、銅賞
2006年 第44回大会 銀賞
2005年 第43回大会 敢闘賞
金賞
2015年12月4日(金)〜7日(月)に若きパティシエの登竜門『技能五輪全国大会』(東京)が開催され、見事金賞、銀賞、銅賞を受賞しました。この大会での金賞・銀賞・銅賞の受賞は2年連続の快挙となりました!
洋菓子科2年
朝倉 綾子 さん
出身校:名古屋市立緑高等学校
満23歳以下の若手技能者が全国から集まり、日本一をめざして技を競う技能五輪。国際大会へ派遣する選手選考会を兼ねた権威あるコンテストです。7時間の競技時間内で3つの課題に挑み、総合点を競います。
銀賞
洋菓子科2年
杉本 恵子 さん
出身校:三重県立桑名西高等学校
銀賞
洋菓子科2年
前田 悠生乃 さん
出身校:愛知県立武豊高等学校
  • 2015年 第53回大会 金賞、銀賞、銅賞
  • 2014年 第52回大会 金賞、銀賞(2名)、銅賞
  • 2013年 第51回大会 銀賞、銅賞
  • 2012年 第50回大会 金賞、敢闘賞
  • 2011年 第49回大会 銀賞、敢闘賞
  • 2010年 第48回大会 銅賞、敢闘賞
  • 2009年 第47回大会 銀賞、銅賞
  • 2008年 第46回大会 金賞、銅賞
  • 2006年 第44回大会 銀賞
  • 2005年 第43回大会 敢闘賞

技能五輪世界大会
銅賞(第3位) 受賞
伊藤 美緒 さん
三重県立水産高等学校出身
国際大会ということで今回の経験で様々なことが学べました。それとともに全国大会から国際大会まで先生方をはじめ、多くの方々に支えられていたことに気づき、感謝の気持ちでいっぱいです。目標は大きな所にあったので正直、悔しい気持ちもありますが、この大会の経験は大きな自信になっています。
2015年8月。ブラジルのサンパウロで開かれた国際技能競技大会(World Skills Competition)の会場で喜びの結果が生まれました。世界を代表する若き技術者達が集い、2年に一度行われる国際大会で本校から日本代表として出場した伊藤美緒さんが見事に銅賞を受賞!本校の実力の高さとともに、日本人の技術力の高さを世界に見せつけました。国際大会ゆえに環境や材料などが違い、本来の実力を発揮しづらく苦労する事もある中、ハプニングもありましたが、気持ちを落ち着かせ、その場の状況にあわせて臨機応変に対応しながら、その中でのベストを目指すことで何とか大会4日間を乗り越え、世界第3位となる銅賞に輝きました。
国際技能競技大会とは…
小ケーキ、チョコレート、マジパン造形、展示用細工など、4日間かけて6種類の課題を作り上げ、おいしさや食感などはもちろん、色や形による視覚的な美しさ、芸術的な感性、造形力を競い合う国際大会です。

ピエスモンテ
高さ1m以内の飴細工を施した抽象的な大型の作品。
カーニバルをテーマに女性が楽しんで踊っている様子を表現しました。
ボンボンショコラ
一口で食べられる小さなチョコレート菓子、ボンボン。
3種のボンボンショコラを15個ずつ作りディスプレイします。
女性がおいしそうなショコラを食べようとしている様子を表現しました。
マンゴーパッション:マンゴーとパッションのガナッシュの2層のさわやかなショコラです。
オレンジプラリネ:オレンジのガナッシュを絞り、コーティングしました。プラリネの食感も楽しめます。
レモンティー:レモンと紅茶のガナッシュを交互にサンドし、コーティングしました。
プチガトー
フランス語で「小さな菓子」。3種の小さなケーキを15個ずつ作ります。
オレンジ:ホワイトチョコのカップにオレンジのコンポート、ナッツ、クリームがたっぷり入っています。
ミント:サクッとしたメレンゲ生地の上にさわやかなミントのムースをのせました。
ベリー:パイの中にピスタチオクリームとベリーのコンポートを入れました。
アントルメ
2台のホールケーキを作ります。
ホワイトチョコのムースの中にフルーツのクリームとジュレを入れたさわやかなケーキです。キャラメルであえたナッツが入っているので食感も楽しめます。
皿盛りデザート
皿にケーキ+ソースで飾り付けをします。
メレンゲの中にはココナッツのムースとフルーツのコンポートが入っています。クッキー生地やナッツも入っているので食感も楽しめます。カーニバルがテーマなので、ソースで花火を表現しました。
マジパン
挽いたアーモンド、砂糖、卵白で作ったペーストを使用して動物や人形を作ります。
2人の女性が踊る周りでおじさんとくまが太鼓とラッパを演奏しています。みんながカーニバルを楽しんでいる様子を表現しました。
ドイツパンの世界大会で世界一の快挙達成!!
この大会の優勝は日本人としても初めての快挙です
2015年ドイツ・ミュンヘンで、ドイツパンの世界一を決める大会、「第4回ibaカップ2015」が行われ、
本校卒業生の浅井一浩さんが日本代表として出場し、見事世界一を獲得しました。
この大会での日本人の優勝も初めての快挙です。
パン科の卒業生も日本だけではなく、世界で活躍しています。
ibaカップとは…
ドイツで3年に一度開催される国際製パン・製菓機材総合見本市iba内で行われ、2人で協力してパン(フリー)、飾りパン、
デニッシュ、パーティー用製品を7時間で作り上げる大会です。
浅井一浩さん勤務のお店情報!
ラ タヴォラ ディ
オーヴェルニュ
〒124-0021
東京都葛飾区細田5-9-15
tel 03-6657-8688
Open 7:00~19:00
Cafe 9:00~18:00
速報 ブラジル開催の、技能五輪国際大会に出場決定
金賞
日本最高峰を競う若手技術者たちの競技大会である第52回技能五輪全国大会で本校学生が見事日本一を獲得しました。金賞1名、銀賞2名、銅賞1名と出場者全員が入賞し本校のレベルの高さを実証しました。
洋菓子科2年
伊藤 美緒 さん
出身校:三重県立水産高等学校
満23歳以下の若手技能者が全国から集まり、日本一をめざして技を競う技能五輪。国際大会へ派遣する選手選考会を兼ねた権威あるコンテストです。7時間の競技時間内で3つの課題に挑み、総合点を競います。
日本代表として、世界大会へ出場します。4日間かけて6種類の課題を作り上げ、おいしさや食感などはもちろん、色や形による視覚的な美しさ、芸術的な感性、造形力を競い合う国際大会です。
銀賞
洋菓子科2年
西脇 杏菜 さん
出身校:愛知県立長久手高等学校
銅賞
洋菓子科2年
中川 加帆里 さん
出身校:岐阜県立加茂高等学校
銀賞
洋菓子科2年
久米 剛史 さん
出身校:浜松日体高等学校
  • 2014年 第52回大会 金賞、銀賞(2名)、銅賞
  • 2013年 第51回大会 銀賞、銅賞
  • 2012年 第50回大会 金賞、敢闘賞
  • 2011年 第49回大会 銀賞、敢闘賞
  • 2010年 第48回大会 銅賞、敢闘賞
  • 2009年 第47回大会 銀賞、銅賞
  • 2008年 第46回大会 金賞、銅賞
  • 2006年 第44回大会 銀賞
  • 2005年 第43回大会 敢闘賞
2014ジャパンケーキショー 金賞(第1位)を受賞!!
洋菓子科2年
竹本 優希 さん
愛知県立豊橋南高等学校出身
洋菓子科2年
田中 えみ さん
岐阜県立多治見工業高等学校出身
洋菓子科2年
神山 由佳 さん
岐阜聖徳学園高等学校出身
洋菓子科2年
竹内 杏里 さん
愛知県立大府高等学校出身
洋菓子科2年
滝澤 春香 さん
長野県立飯田風越高等学校出身
  • 2014年大会 金賞、銀賞、銅賞(3名)
  • 2013年大会 銅賞
  • 2010年大会 金賞
  • 2009年大会 銀賞、銅賞(2名)
  • 2008年大会 銅賞
  • 2007年大会 銀賞、銅賞(3名)
  • 2006年大会 金賞、銅賞(2名)
  • 2005年大会 銅賞
  • 2003年大会 銅賞
※〔部門について〕'05年までは「ジュニアの部」、'06年以後「ジュニア学生の部」
2015年にドイツ・ミュンヘンで開催される第4回ibaカップの日本代表選考会が行われ、本校製パン科卒業生であり、「ラ・タヴォラ」店チーフの浅井一浩さんが、見事日本代表に選ばれました。ibaカップは、世界最大級の展示会「iba2015(第23回国際製パン・製菓機材総合見本市)」内で行われる大会で、各国の代表が世界一の称号をかけて腕を競います。浅井さんの活躍に今、日本中から熱い期待が寄せられています。
日々の仕事を突き詰めることをまずは大切にしながら、この選考会に挑むために、夜中から明け方まで練習を重ねてきました。日本代表となり、嬉しい反面、日本の看板を背負う責任の重さも感じています。世界大会では表彰台の一番上に立つつもりで、挑みます!
大切にしているのは、人との出会いやつながり、常に幅広い視点で物事を見ること。チーフとして店を任されている今、新人の指導や店の管理も重要な仕事で、その大切さを実感しています。毎日自分に課題を与えチャレンジすることが、成長につながります。後輩のみなさんもぜひ頑張ってください。
ラ タヴォラ ディ オーヴェルニュ
〒124-0021
東京都葛飾区細田5-9-15
tel 03-6657-8688
Open 7:00~19:00
Cafe 9:00~18:00
名古屋製菓専門学校3回目の世界大会!
本学からは2009年、2013年の技能五輪世界大会につづいて3回目の世界大会出場となりました。
洋菓子科2年
水田 雅恵 さん
愛知県立岩津高等学校出身
世界洋菓子連盟が主催する25歳未満の若いパティシエを対象とした国際コンクールです。2年に一度開催され、日本予選を通過した者のみ出場できます。本選では、約20ヶ国が参加し、2日間16時間で「ピエスモンテ」「アントルメ」「アイスクリーム」「ボンボンショコラ」「アシエットデセール」「フィギュア」の6品目を制作します。

技能五輪世界大会
敢闘賞 受賞
佐々木 明日香 さん
愛知県立西春高等学校出身
本番は、作業環境がとても悪かったり、材料が日本の物と全く違ったりしたので、それに対応することが大変でした。そんな中でも自分の知識と経験を活かし、最後まで諦めずに競技を乗り越えられたことは、自分の自信になっています。
2013年7月。ドイツのライプツィヒで開かれた技能五輪の国際大会、国際技能競技大会(World Skills Competition)の会場に笑顔の花が咲き乱れました。世界を代表する若き技術者達が集い、2年に一度行われる国際大会で本校から日本代表として出場した佐々木明日香さんが見事に敢闘賞を受賞!日本人の技術力の高さだけでなく、本校の実力の高さも世界に証明しました。実は佐々木さんは、学校に入学した頃はお菓子作りが好きな程度で、最初から特別優秀というわけではありませんでした。しかし、コンテストを目指しみんなで努力した結果が、この世界大会での敢闘賞受賞でした。さぁ、次に世界へ挑むのはこれを読んでいるあなたかもしれません!
国際技能競技大会とは…
小ケーキ、チョコレート、マジパン造形、展示用細工など、4日間かけて6種類の課題を作り上げ、おいしさや食感などはもちろん、色や形による視覚的な美しさ、芸術的な感性、造形力を競い合う国際大会です。

春をテーマに、一輪の花の周りに蝶が喜んで舞っている様子を、チョコレートで表現しました。高い室温の中、壊れることなく完成できました。審査員からの評価も高く、細かくてとてもきれいだと言ってもらいました。
ホワイトチョコのムースの中にフルーツのクリームとジュレを入れた、さわやかなケーキです。フランスの審査員からは、グラサージュがなめらかで良かったと言ってもらいました。
左から、オレンジチョコケーキ、アプリコットケーキ、ピスタチオケーキ、パイナップルケーキ。台湾の通訳がパイナップルのケーキをとても気に入って、4個食べていました。
左から、ラムレーズン味、マンゴーパッション味、レモンティー味、コーヒー味。高い室温で大変苦戦しましたが、ギリギリ完成しました。
ホワイトチョコのカップの中にホワイトチョコとフルーツのクリームが入っています。味覚審査では一番評価が高く、パーフェクトだと言ってもらいました。
左から、ウサギ、ヤギ、女の子、シカ。審査員から高得点を頂きました。

全国コンテストの受賞常連校です!

メダリストも夢じゃない!全国で競えるハイレベルな技術

全国大会で数々のタイトルを獲得できる理由はふたつ。全体的な技術の高さと、夢みる気持ちの強さです。
同じ夢を持つ仲間たちと製菓に夢中になる、切瑳琢磨の結果です。

技能五輪 日本最高峰を競う!若手技術者たちの競技大会

2013年 第51回大会
[銀賞]
洋菓子科2年
野崎 茜 さん
愛知県立春日井南高等学校出身
2013年 第51回大会
[銀賞]
洋菓子科2年
寺屋敷 雄平 さん
愛知県立春日井工業高等学校出身
2013年 第51回大会
[銅賞]
洋菓子科2年
水田 雅恵 さん
愛知県立岩津高等学校出身
全国一の製菓技術はコレだ!! 2013年技能五輪大会(ドイツ)日本代表
2012年 第50回大会
[金賞]
洋菓子科2013年卒業
佐々木 明日香 さん
愛知県立西春高等学校出身

ジャパン・ケーキショー東京 パティシエへの登竜門!国内最大規模の洋菓子作品展

ジャパン・ケーキショー東京
2013年 大会
[銅賞]
洋菓子科2年
浅井 祐里奈 さん
愛知県立安城高等学校出身

業界から注目される地元コンテスト!

中部エリアで独占入賞!総合力の強さも証明

中部エリアの大会では、伝統的に上位入賞しています。
温かい先生の支え、一歩先をゆく先輩の経験、仲間との競い合い。そのすべてが夢に近づく力になります。

学生の部1位から11位上位独占!

学生の部1位から11位上位独占!
1位
大会会長賞
洋菓子科2年
杉原 愛彩 さん
三重県立
四日市農芸高等学校出身
3位
銀賞
洋菓子科2年
松永 真未 さん
岐阜県立
大垣桜高等学校出身
4位
銀賞
洋菓子科2年
中野 佑実 さん
愛知県立
常滑高等学校出身
銅賞
洋菓子科2年
木村 海心 さん
岐阜県立
郡上北高等学校出身
銅賞
洋菓子科2年
中村 友里奈 さん
名古屋大谷高等学校出身
卒業生も大活躍
Aクラス
銀賞
名古屋製菓専門学校勤務
髙原 聡子 さん
西尾東高等学校出身
課外活動「ケーキ部」もチェック!
本校には「もっと上達したい」「苦手を克服したい」という学生のための課外活動があります。新しい活動拠点は、NSCカレッジに隣接。学生の技術の向上だけでなく、卒業生や業界の方々に門戸をひらき、交流の場としています。