名古屋製菓専門学校 名誉副校長
2009年度技能五輪国際大会日本代表審査員
工藤 勝二
〈製菓実習〉
お菓子の味を決めるのは、作り手のセンス。
自分の感性を磨いてください
受賞しました!
平成23年度
愛知県優秀技能者
あいちの名工
「あいちの名工」とはこの道一筋に日々研鑽に励まれ、優れた技能を修得された現役の技能者から選ばれます。この大変な名誉を受章した工藤先生は、本校に12年もの長きにわたり在籍し、たくさんのパティシエを世に送りだしてきました!
校外からオファーも殺到!
イベントで展示用の巨大ウェディングケーキを依頼されたり、砂糖細工であの「名古屋市科学館」を作った事も!
もうひとつの顔は国際大会の審査員!
2年に一度開催される洋菓子大会の最高峰、2009年度技能五輪国際大会で、日本代表審査員を努めています!
安里先生
第2回アジアペストリー
チームコンテスト優勝
トップオブパティシエ2009
〈飴細工〉優勝
渡辺先生

2014年・2017年
クープ・ドゥ・モンド
国内最終予選出場
パリの代表的パティスリー「ラ・デュレ」で
修行した縣(あがた)先生
縣 幸和
〈製菓実習・製菓理論〉
好奇心、向上心を持って、人に喜んでもらえるお菓子作りをめざしてほしい。

ドイツにて約5年間研修を重ね帰国
澤田 淳一
〈製パン科〉
自分の焼いたパンで誰かが幸せになる。それを嬉しいと感じられること。その気持ちをいつでも大切にしたい。
 
黄綬褒章を受章した数少ない洋菓子職人としてトップパティシエたちの指導にあたり、今なお日本洋菓子界を牽引する阿部氏。この道数十年の卓越した技を間近で見て学びます。
スイス、フランス、ドイツ、デンマークと、ヨーロッパ各国での修業経験をお持ちで、
卓越した技術者として国から『現代の名工』にも選ばれています。
世界のパティシエが学びにやってくる、プロのための製菓学校の名門「ベルエ・コンセイユ」で校長を務め、M.O.F.の称号を取得するペルション氏。本場フランス菓子職人の華麗な手さばきが魅了します。
 
フランスで3年ごとに開催されるベーカリーのワールドカップ「クープ・ドゥ・モンド・ドゥ・ラ・ブーランジェリー」第3位の実績を持ち、2012年大会では日本代表監督としてチームを世界一に導いた成瀬氏。その、世界に誇る繊細なパン作りを体感します。
岐阜県高山市西之一色町1-73
Tel(0577)33-3989
長時間発酵による粉の旨みを引き出すパン作りと、素材・製法への自由なアプローチ、独自の表現で知られている志賀氏。数々のブランドを立ち上げた経歴を持ち、全国にその名を 轟かせるカリスマパン職人による直接講義です。
シニフィニアン・シンフォニエ
東京都世田谷区下馬2-43-11
Tel(03)3422-0030