名古屋製菓専門学校

製パン科

製パン科

Boulanger

1年間で学ぶパンは200種類!
本物のパン職人になるための、最短の近道!

ヨーロッパで歴史を積み重ね、今日に至るパン作りの奥深さを学びます。
実習や講義を担当するのは、中部地区屈指のパン職人ばかり。
1年間の学びを通じて、即戦力として活躍できるブーランジェを目指します。

製パン科の特長

POINT.1

年間1,300時間以上の豊富な授業時間
入学当初から週3回の実習を繰り返すことにより、基本から応用まで技術を体得できます。
パンは気候・天候によっても変わるので、いつも同じおいしさを提供するために、毎日が真剣勝負の学びとなります。

POINT.2

プロ仕様の最新設備が充実
実習では、実際に製パンの現場で使われているMIWEの窯(ドイツ製)など、本格的な設備を使用し、機械の取り扱いに慣れます。材料も上質なものを使うため、やる気次第でお店で販売されているような本格的な仕上りになります。

POINT.3

講師陣は有名店・ホテルの一流ブーランジェ
講師は中部地区屈指のブーランジェばかり。一流の技術を間近に見て、感じ、気づく学びの中で、パンに向かう心がまえや上をめざす姿勢など多くのことを吸収できます。日々、一流に一歩一歩近づきます。

POINT.4

1年間で世界各国のパンを学ぶ
本校は中部地区で唯一、ブーランジェ(製パン技術者)を養成する専門学校です。本格的なパン職人をめざし、より多くのパンを学びます。ときには自家製酵母を使用した実習や、製パン実験を行い、その奥深さを追求します。

カリキュラム

製菓技術の習得には反復練習が必要です。
繰り返したくさんの経験を積むため、授業後にも特別実習が実施されています。
限られた時間の中で、広く深く学びを深めたい学生に好評です。

時間割
1時限
9:30~11:00
製パン機械論 模範実技 製パン実習 就職講座 パン業経営 自宅研修
2時限
11:10~12:40
実技講習 パン業教養 製パン理論
3時限
13:30~15:00
製パン実習 製パン実習 フランス語 栄養・衛生
4時限
15:10~16:40
食品学 デザイン・カラーコーディネイト
授業後にも「特別実習」を受けられます。

は実習

  • 製パン実習 パン生地作り、発酵・成形・焼成という製パン工程の基本を身につけます。
  • 製パン理論 パンの分類、パン作りの基礎理論、パンと添加物などについて学びます。
  • 製パン機械論 オーブン、ミキサーなどのパン作りに欠かせない機械の構造と管理、安全な取り扱いを学びます。
  • フランス語 パン作りの現場で不可欠なフランス語を学び、専門用語の理解や海外研修に役立てます。
  • 栄養・衛生 健康な食生活を送るために必要な各栄養素の働きや、バランスの良い食事メニューについて学びます。
  • 模範実技 製パンの基礎知識から専門知識まで、その奥の深さをじっくり学び、徹底的に技術を習得できます。
  • パン業教養・ 経営 マナー、店の経営、パン職人に必要な知識を学びます。
  • 就職講座 就職に対する心がまえや就職試験に向けての対策を行います。
  • 食品学 食品の種類、性状、利用法に加え、食品中の主要成分、微量成分とその機能、食品成分間の反応について学びます。
  • デザイン・ カラーコーディ ネイト デッサンやデコレーション、盛りつけ、食器選び、ラッピング、ポップなど、パン作りのセンスを磨くための勉強をします。

習得技術

フランスやドイツをはじめとする世界各国のパンを学び、
成形・焼成までのさまざまな技術を1年間で総合的に身につけます。
自家製酵母を使用したオリジナルのパンを作ることもできます。

前期

基本の製パン技術から
機械の管理までをマスター

製造品目

  • バターロール
  • あんパン
  • クリームパン
  • メロンパン 
  • コルネ
  • 食パン
  • 紅茶ブレッド
  • ベーグル
  • プレッツェル
  • カイザーロール
  • 手捏ね(バゲット/クロワッサン) など

期末試験

後期

あらゆる製パン技術を習得
洋菓子にも触れる

製造品目

  • バゲット
  • クグロフ
  • ブリオッシュ
  • シュトーレン
  • デニッシュ
  • バタール
  • エピ
  • クロワッサン
  • パン・ド・カンパーニュ
  • 天然酵母パン
  • 製菓
    (ロールケーキ/ショートケーキ/シュー・ア・ラ・クレーム/ブッシュ・ド・ノエル/ガトーショコラ/レアチーズケーキ) など
  •  

卒業作品制作、期末試験

パンを作るだけじゃプロになれない!
ピックアップレッスン

  • 惣菜パンもたくさん学びます
  • イベント用のパンも作ります(ヨーロッパのクリスマスの定番シュトーレン)
  • パンの世界に必要なフランス語も学びます
  • 設備の使い方、安全管理も完璧に

卒業後に取得できる資格

  • パン製造技能士 特級・1級・2級 製パン工程における技能を総合的に評価する資格です。取得するには実務経験が必要で、本校製パン科卒業生は、卒業と同時に2級の受験資格が得られます。1級は2級取得後2年の実務経験で受験資格が得られます。

講師紹介

スペシャル講師

  • スペシャル
    授業講師

    クープ・ドゥ・モンド日本代表監督
    【特別講師】トラン・ブルー(岐阜県高山市)シェフブーランジェ

    成瀬 正

    フランスで3年ごとに開催されるベーカリーのワールドカップ「クープ・ドゥ・モンド・ドゥ・ラ・ブーランジェリー」第3位の実績を持ち、2012年大会では日本代表監督としてチームを世界一に導いた成瀬氏。その、世界に誇る繊細なパン作りを体感します。

  • スペシャル
    授業講師

    パン業界の第一人者
    【特別講師】シニフィアン・シニフィエ(東京都)シェフブーランジェ

    志賀 勝栄

    長時間発酵による粉の旨みを引き出すパン作りと、素材・製法への自由なアプローチ、独自の表現で知られている志賀氏。数々のブランドを立ち上げた経歴を持ち、全国にその名を轟かせるカリスマパン職人による直接講義です。

  • ル・シュプレーム シェフ ブーランジェ

    渡辺 和宏

    1972年生まれ。大阪あべの辻製菓専門学校卒業後、品川プリンスホテル入社。その後、恵比寿のリテイルベーカリーに勤務、チーフに。その後、中目黒にある専門学校教員を経て帰郷。2007年ル・シュプレームオープン。1998年プリンスホテル料理コンクールパン部門優秀賞、2005年キリクリームチーズコンクール銀賞、2008年ワイルドブルーベリーレシピコンクール優秀賞。

    2014年・2017年
    クープ・ドゥ・モンド国内最終予選出場

常勤講師

  • 校長 西川 吉重

    名古屋のレーベンズ、メゾン・ド・ガトー、東京の成城風月堂を経て、84年に名古屋国際ホテル入社。98年に入社したサンモリッツを経て2005年から名古屋国際ホテルで勤務。2015年名古屋製菓専門学校副校長に就任。2017年技能五輪国際大会日本代表審査員。

    Message 完成までの難しさと満足感。そして、プロとして評価を得たときの喜びを学びとってほしい。

  • 校務主任・就職担当 北川 善弘

    機械工具系販売会社に10年間勤務。1990年NSC入社。1998年から名古屋製菓専門学校に勤務。

    Message 洋菓子作り、パン作りに必要な知識だけでなく、働く者としてのマナーや常識を身につけてください。

  • 教務主任
    〈製菓実習・製菓理論〉 磯貝 義治

    磯菓子屋オーナーシェフとして18年間営業。2006年より名古屋製菓専門学校に非常勤講師として就任。2013年から常勤講師となる。

    Message 「まずやってみる」夢を実現するために、この気持ちを大切にしてください。当たり前のことを当たり前にやる難しさを学び、いつも笑顔を忘れず、愛される職人になってください。

  • カフェ・スイーツ科主任
    〈製菓実習・製菓理論〉 縣 幸和

    イッサンジョ国立製菓学校(フランス/リヨン)に学び、レストランネオファラオ(オーストラリア/シドニー)に従事。帰国後、シェコーベのシェフパティシエを経て1998年から名古屋製菓専門学校に勤務。

    Message 好奇心、向上心を持って、人に喜んでもらえるお菓子作りをめざしてほしい。

  • 製パン科主任
    〈製パン実習・製パン理論〉 和志田 康人

    豊田自動織機退社後、渡独。ドイツでパンの勉強をして2018年に帰国。日本にいる時、ブルーデルで1年勤務。2018年から名古屋製菓専門学校に勤務。

    Message 人間万事塞翁が馬。自分にとって悪いと思ってる事でも、実はチャンスかもしれません。パンを作るにあたって知識、技術も大切ですが、その前に人間性の方が大事だと思っています。

  • 洋菓子技術マスター科主任
    〈製菓実習〉 渡辺 忠久

    名古屋製菓専門学校卒業後、エスポワール・ド・オチアイに4年間、アルカンシエルに2年間勤務。2012年から名古屋製菓専門学校に勤務。2014年中部洋菓子技術コンテストAクラス銀賞受賞、2015年中部洋菓子技術コンテストAクラス金賞受賞。

    Message 「昨日より今日、今日より明日」この気持ちで、一日一つでも自分にプラスなるように勉強をしてほしい。

  • 主任教員・広報担当
    〈製菓実習〉 小野内 真優

    名古屋製菓専門学校卒業後、(有)ドゥリエール・サンクに3年間勤務。2010年から名古屋製菓専門学校に勤務。

    Message 祝い事のそばには必ずケーキがある。人を幸せにする力を持っているケーキ作りを存分に楽しんでください。

  • 主任教員
    〈製菓実習〉 服部 康子

    名古屋製菓専門学校卒業後、(有)パイの美に4年間勤務。2011年から名古屋製菓専門学校に勤務。2015年中部洋菓子技術コンテストAクラス銀賞、2016年中部洋菓子技術コンテストAクラス大会会長賞受賞。2018年ボワロン杯第6位。

    Message 「諦めず、自分に負けず、妥協しない」そうして出来上がったケーキには特別な愛情がわきます。それをこの学校でたくさん感じてください。

  • 〈製菓実習〉 西垣 友里

    高校卒業後、企業に就職し5年間勤務。その後名古屋製菓専門学校卒業。2016年ジャパンケーキショー東京金賞受賞。2017年から名古屋製菓専門学校に勤務。

    Message その日ごとに目標を設定し、進んで新しいことにチャレンジしましょう。同じ志を持つ仲間と、支え合いながら一緒に成長していきましょう。

  • 〈製菓実習〉 今石 葵

    名古屋製菓専門学校卒業。2017年技能五輪全国大会銅賞受賞。2018年から名古屋製菓専門学校に勤務。

    Message 知識や技術だけでなく人間として職人として成長できる学校です。

  • 〈製菓実習〉 神山 由佳

    名古屋製菓卒業後、パティスリール・バニーエに4年間勤務。2014年ジャパンケーキショー東京銅賞受賞。2019年から名古屋製菓専門学校に勤務。

    Message 私も一緒に学びたいので、座学や実習でここは何だろう?何でこうなるの?と思う事があったら、次は「口に出す」という事を意識して学んでほしいです!!

  • 〈製菓実習〉 阿礼 茜

    名古屋製菓卒業後ジェイアール東海フードサービス株式会社に4年間勤務。2019年から名古屋製菓専門学校に勤務。

    Message 学生生活を楽しみながら、お菓子、パンの技術、知識を身につけプロを目指して下さい!ここでしかできないことがたくさんあります!たくさん経験して自分の技術を磨いてください!

現役プロ講師

  • ブルーデル
    チーフ 小林 重博

    28歳からパン職人としてジャックと豆の木で勤務、店長も経験。90年よりブルーデルチーフに就任。

    Information ブルーデル
    名古屋市瑞穂区駒場町5-12-5
    ハイライズ瑞穂1F
    TEL:(052)851-2015

  • 南の麦
    オーナーシェフ 岩田 一成

    ジャックと豆の木、ドンクなどに勤務後、1988年春日井市に南の麦をオープン。2017年名古屋市瑞穂区瑞穂通に移転。

    Information 南の麦
    名古屋市瑞穂区瑞穂通2-20-3
    TEL:(052)842-2039

  • プーフレカンテ
    オーナーシェフ 狩野 義浩

    調理師専門学校でフランス料理を学んだ後、フランス人ベーカー、ビゴ氏に師事、その後、長野のフランス菓子店トップに6年間勤務。96年、魔法のパンオープン時にチーフとして入店。2000年、プーフレカンテをオープン。

    Information プーフレカンテ
    名古屋市瑞穂区豊岡町1-25
    TEL:(052)858-2577

  • (株)モリシタ
    代表取締役 森下 英樹

    山崎製パンに勤務した後、モンタボーに入社。常務取締役に就任後、西日本モンタボー代表取締役となる。2004年(株)モリシタ設立。全国各地で経営、技術指導を行うかたわら、中国西安の大手ベーカリーに経営参画。

    Information 事務所
    神奈川県愛甲郡愛川町 角田579-9
    TEL:(046)284-2667

  • Boulanger ペイザン
    オーナーシェフ 日野沢 輝夫

    実家のパン屋で働く。90年に独立し、Boulanger paysanをオープン。2006年カフェペースを開設。2001年度、パン製造技能検定1級取得。

    Information カフェ・ド・ペイザン八ヶ岳
    山梨県北杜市長坂町大井ヶ森1176−856
    TEL:(0551)45-7985

  • フジパンストアー(株)
    商品開発統括課長 杉浦 朋久

    フジパン(株)入社。菓子担当を経てフジパンストアー(株)(焼きたてパン)勤務。現在は商品開発。

    Information 全国に約650のインストアベーカリーを展開中

  • (有)ブレ・ヴァン
    代表取締役社長 鶴岡 利至

    名古屋観光ホテルで5年間勤務。イタリアレストランで料理全般を担当。その後多治見ビジュで2年半パン作りに従事。名鉄ニューグランドホテル勤務を経て95年にブレ・ヴァンをオープン。2013年に独立店舗に移転。

    Information ブレ・ヴァン
    名古屋市昭和区陶生町1-7-6
    TEL:(052)841-0537

  • パン工房 ポン・ヌフ
    オーナーシェフ 北島 裕丈

    名古屋観光ホテル(株)退社後、町場でパン・ケーキを学び1998年ポン・ヌフ開業

    Information パン工房 ポン・ヌフ
    名古屋市天白区八事天道311
    TEL:(052)835-5467

  • (有)シャルム ベーカリー・ポンシェ
    代表取締役社長 内藤 昌弘

    春日井バーゼルでチーフとして10年間勤務。その後、代表取締役として(有)シャルムベーカリー・ポンシェをオープン。

    Information シャルム ベーカリー・ポンシェ
    名古屋市瑞穂区東栄町5-18
    TEL:(052)852-4070

  • ピク・ニケ
    オーナーシェフ 杉本 大祐

    大学卒業後、名古屋製菓専門学校製パン科を卒業し(有)なるせトラン・ブルー入社。6年間の修行を経て2008年、一宮市にpique-niquer(ピク・ニケ)オープン。

    Information ピク・ニケ
    愛知県一宮市住吉1-23-1
    TEL:(0586)52-5797

  • 大須ベーカリー
    オーナーシェフ 森 賢

    大学卒業後4年間会社勤務。その後(有)ブレ・ヴァン入社。34才の時に独立開業。

    Information 大須ベーカリー
    名古屋市中区大須3-27-18
    TEL:(052)262-0075

  • ル・シュプレーム
    シェフ ブーランジェ 渡辺 和宏

    1998年プリンスホテル料理コンクール パン部門優秀賞、2005年キリクリームチーズコンクール銀賞、2008年ワイルドブルーベリーレシピコンクール優秀賞。

    Information ル・シュプレーム
    ブーランジェリー パティスリー
    名古屋市中村区栄生町7-8
    TEL:(052)471-3667

  • (株)小麦家
    常務取締役 吉村 学

    大阪市の株式会社クラウンベーカリー(洋菓子)に3年間、大阪市のパリーネにて2年間勤務後、株式会社小麦家へ入社。

    Information 小麦家
    岐阜県岐阜市領下1-106
    TEL:(058)247-6221

  • ラ・バ ブーランジェリー
    オーナーシェフ 山田 敦俊

    名古屋製菓専門学校卒業後、横浜市のラ・ベルコリーヌ、日進市のル・ショコラ勤務を経て、津島市にla-bas(ラ・バ)オープン。

    Information ラ・バ ブーランジェリー
    愛知県津島市唐臼町柳原109
    TEL:(0567)31-3998

  • (株)フォンス/ベーカリー&レストラン沢村
    ベーカリー統括責任者 森田 良太

    東京調理専門学校卒業後、横浜中華街萬珍櫻入社。23歳よりパン職人に転身。横浜ホテルホリデイ・イン、ユーハイム、HANZOYAシャンドブレのシェフを経て(株)フォンスのベーカリー部門の責任者に就任。

    Information ベーカリー&レストラン沢村
    愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1
    ミッドランドスクエア B1F
    TEL : 052-589-2477

  • バゲットラビット
    技術開発長/シェフブーランジュ 古井戸 和憲

    愛知工業専門学校卒業後建築業を経て、バーゼルに勤務。ブノワトンを経て、バゲットラビットをオープン。

    Information バゲットラビット
    愛知県名古屋市名東区社口1-916
    TEL:052-779-0006

  • 〈製パン実習〉 澤田 淳一

    エコールキュリネール辻製パン技術専門カレッジ卒業後、(有)ベーカリートド入社、ドイツにて約5年間研修を重ね帰国。2014年名古屋製菓専門学校製パン科チーフに就任。現在に至る。

在校生の声

製パン科の先輩たちに学生生活について質問してみました!
学科選びの参考になるかも!?

写真左から、岩崎さん、岡田さん、竹内さん、木村さん

※2018年実施
Question 製パン科を選んだ理由は?
Answer
  • 岡田さん パンを食べるのが好きで、自然とパン作りに興味がわきました。
    学校案内のパンフレットを参考に、学校を選びました。

  • 木村さん 私もパンフレットを参考にしながら、他の学校と比較して決めました。
    パンが好きな私にとって、ぴったりな学校にめぐりあえました。

  • 竹内さん 私の場合は、毎日の通学のことも考えて選びました。
    設備面が充実しているので、本格的にパンを学びたい人にはお勧めです。

  • 岩崎さん 僕はCMを見て、体験入学に参加しました。
    パン屋さんになりたいという夢があり、それを叶えるには最適な環境でした。

Question学校生活で楽しいことはなんですか?
Answer
  • 岡田さん 食べるのも好きだし、作るのも好き。今は総ての時間が楽しいです。
    大変なこともあるけど、作ったパンを喜んでもらえたときは幸せです。

  • 木村さん 私は実習でパンを作ることが楽しいです。
    みんなでパンを作って、それを食べることが楽しみになっています。

  • 竹内さん 周りの友達と、同じ夢について語り合えるのが楽しいです。
    たくさんの種類のパンを実習で学べるので、とても経験値が上がります。

  • 岩崎さん さまざまな先生に教えていただき、パンの世界を広く知ることができたことがよかったです。
    クラスのみんなと過ごす時間はとても楽しいです。

Question実習で作る好きなパンは?
Answer
  • 岡田さん リュスティック、クロワッサン、クロワッサンザマンド、アテット、ベーコンエピなど。パン好きだから、何でも好きです。

  • 木村さん 1つに絞るなら、チョコマカダミアでしょうか?
    マカダミアナッツの香ばしさとチョコのハーモニーは、大人の味わいです。

  • 竹内さん ドイツなどではクリスマスに食べられるシュトーレン。
    でき上がったときの香りが大好きです。

  • 岩崎さん 僕は、カレーパンや黒糖の食パンが好きです。
    ゆくゆくは自分の味を見つけられるといいなと思っています。

Q&A

Questionどのようなところに就職できますか?
Answer

個人オーナーのパン屋さん、ホテルの厨房の製パン部、レストランや食品メーカーなど企業も多彩!洋菓子店に負けない求人数があるから、いろいろ選べますよ!
(製パン科/男子学生)

Question実習時間はたくさんありますか?
Answer

一日まるっと実習を行う日が週に3日あります。朝から夕方までパン作りに集中できるカリキュラムで、中身の濃い充実した毎日です。
(製パン科/女子学生)

就職実績

プロが育つ最高の環境で、
現場の即戦力として活躍できる技術を習得。
学生に合った指導で、完全就職を目指します。

オープンキャンパス 資料請求

TOP